2013年06月18日

子猫放流

  
  子猫保育園の園児たち
  とうとうリビングデビューとなりました

  元気いっぱいの彼らは、とにかくにぎやか

 

 

  「あ~あ、またちっこいのが出てきた・・」
  どんな子猫が出てきても桃太郎はこんな感じです

 

 

  がんちゃんは「逃げろ!逃げろ!」
 
 

  平蔵はびびりやさんなんですが、毎年毎年こんな状況なので
  子猫の放流にも随分なれてきたようです

  ムーン×11=平蔵

 

  きゃあ~パンチされる!

 

  あ、大丈夫(笑) 

 

  子猫の天真爛漫さはびびりをも凌駕するようです

 

  しばらくすると子猫たちは眠りに落ちます

  りんちゃんはイスの上

 

  らんちゃんは窓の横

 

  ムーンはどこでもいつでも無防備にねむねむ

 

  bubuはといえば、さん号のそば
  タオルは猫と寝るときの必須アイテム

 

  腕枕ならぬ腕ベット(笑)

 

  ごろんごろん

 

  ひなおくんはさん号のお尻にくっついてねむねむ

 

  子猫はみんなばばと昼寝です

 


  この子はムーンと姉妹のももかさん
  病院に行ったので会ってきました

  大きくなった~
  さすが獣医さん
  栄養満点のご飯を食べてるようですよ(笑)
  やっぱ子猫のうちはなるべくいいご飯を与えたほうがいいです
  
 

  ムーンと比べるとこんな感じ
  ふわふわ度も増してるような(笑)

  先住のききくんも子猫保育園出身です
  真っ黒の大猫に育ってますよ
  
 

  ムーンも早く優しい飼い主さんに出会えますように
  その時が来るまで、色んな経験をしとかないとね

  人とお昼寝はクリアしましたので、次は掃除機です(笑)
  
 

  リビングに出てくるとそれぞれの性格がよく分かります
  ムーンは特に無邪気で人懐っこいようです

  保護されるまで一体どんな生活をしていたんだろう・・

  この子達は宮崎市小松で保護されました
  りんとらんも一緒でした
  兄妹ではないけれど、もしかしたら同じ場所で生活していたのかも
  しれません
  野良猫たちの子猫を捕獲して捨てたのかもしれません

  運よく保護団体に保護された子猫たちです
  
  みんな幸せになってほしいです
  
  
  
  



Posted by いち号に号 at 08:55│Comments(2)
この記事へのコメント
佐土原市域活性化協議会 さま

おはようございます。
コメントありがとうございます。

子供さん、猫好きなんですね。
それは将来有望ですね(笑)

譲渡会場にはたくさんの猫が参加しておりますが、
基本、あんまり触れないんです。

病気感染(人を媒体にしてうつる可能性がある)予防のため
消毒薬で手を洗っていただいたり、屋外なので逃げる可能性が
ある元気な子猫とかは抱っこもなかなか出来ないと思います。
なので「見るだけ」となるかもしれません。

子猫と室内で触れ合える猫カフェはご存知でしょうか?
市内なら猫カフェうたたねさんに行かれると、安心して猫と
触れ合えます。
そちらでも様々な決まりごとがありますが、猫好きなら当たり前の
ことばかりなので大丈夫だと思いますよ。
ブログ等で確認されて是非行ってみてください。

子猫保育園卒園生もお世話になったことがありますので、
お気に入りの猫を見つけて、飼い主さん気分も味わえますよ。

あ、もし常連さんでしたらすみません。

どうぞよろしくお願い致します。
ありがとうございました。
Posted by いち号に号 at 2013年06月18日 10:36
おはようございます(^^)

この子猫ちゃん達と触れ合えるのは、譲渡会の時だけでしょうか?

うちの子供たちは猫が大好きなんですが、家が市営の住宅なので、買うことができないんですよね~(TへT)
Posted by 佐土原地域活性化協議会佐土原地域活性化協議会 at 2013年06月18日 09:05
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
子猫放流
    コメント(2)