2013年04月15日

映画「舟を編む」

 
  「舟を編む」を観ました
   
  原作は三浦しをん
  本屋大賞1位になった作品です。

  

  わたしも発売と同時に手に取り
  至福の時を過ごしました。

  本の帯に漫画家の雲田はるこさんが猫を描いています。
  作中に登場する「とらさん」です。

  

  映画にもまん丸の茶トラがとらさんとして登場しています
  特に主人公のまじめさんに抱っこされている姿は
  「うへぇぇぇ~♪」でした(笑)

  

  まじめさんが住んでいる下宿や部署はとにかく本だらけで
  本の形状や匂い、装丁が好きなわたしにとっては羨ましい空間。
  いまだに電子書籍に手が出せないのは、そんなとこなんですが・・

  キャスティングも良かったし、音楽もいい感じでした。
  満足満足

  丁寧なつくりで、淡々と「編む」ようにすすむ作品。
  
  静かな映画なので、すきっ腹のぐうぅぅぅぅ~が響きました(笑)
  

  映画の最後に「特別協力・三省堂」とありました。
  三省堂の「新明解国語辞典」は解釈が面白くて、数年前に話題になりました。
  うちの本棚にも第六版が鎮座しておりますです。
   
  国語辞典を使うようにしないとなぁ・・と思わせる良い映画でした。

    
  


  

  



Posted by いち号に号 at 17:01│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
映画「舟を編む」
    コメント(0)