2013年02月06日

まろくん安らかに

  まろくんが子猫保育園に来たのは
  昨年の8月5日。
  
  しっぽがぎざぎざで白黒のやんちゃな男の子。
  我が家では「しっぽ4号」と呼んでいました。

  

  運よく9月2日に今の飼い主さんに出会うことができ、
  今日まで愛情いっぱいの中で生活することが出来ました。

  あの日、アニマルボンドさんがレスキューしなければ、
  人の愛情も楽しい遊びも知らず、人知れず失われた小さな命。
  でも飼い主さんのおかげで今日まで幸せに生きてこれたのだと思います。

  そんな彼ですが、本日虹の橋を渡って行きました。

  

  Kさま、本当にありがとうございました。

  飼い主さんは私に
  「まろくんに出会わせてくれて、ありがとうございました。」とおっしゃいました。

  そして、まろくんの病名を公表することを承諾して下さいました。
  こんな大変な病気があることを、猫好きの方々に知ってもらいたいという
  気持ちからです。

  発症率10%以下、発病したら完治は難しい病気です。
  「猫伝染性腹膜炎(FIP)」

  発病の原因はストレスなどと言われていますが、詳しいことは分かっていません。
  ウェットタイプとドライタイプがあり、特にドライタイプはなかなか見つかりません。
  まろくんはドライタイプでしたが、他の症状があり病院を受診していたので見つかりました。

  

  病名が分かるまでは、まろくんをなんとか元気にしようと遠方から病院に通い、
  高額な注射や薬の治療を続けていました。
  FIPと分かった後も自宅で懸命に看病されていましたが、本日午後4時20分頃
  「いま、息を引き取りました・・・」と連絡がありました。

  

  まろくんはKさまに出会えて本当に幸せだったと思います。
  たくさんの同居猫さんたちとたくさんの愛情を受けて、満足して虹の橋を
  渡ったことと思います。

  うちにもちょっと寄ってくれるといいなぁ
     
  

  Kさま、本当に心から感謝しています。
  ありがとうございました。
  今夜はまろくんとゆっくりお休み下さい。

  そして生まれ変ったら、今度は長い長い一生をKさまと
  過ごして欲しいです。
  
  ご尽力下さった主治医の先生方、助言をくださった猫カフェオーナーさま
  ありがとうございました。

  

  
  
   



Posted by いち号に号 at 23:46│Comments(9)
この記事へのコメント
マロまま☆ さま

気持ちの整理はつかなくていいんじゃないでしょうか。
マロまま☆さんやご家族の中にずっといればいいと
思います。
マロくんと過ごした時間は何か意味があるはずです。
これからのマロまま☆さんの人生に少しだけ関わったマロくんを
いつまでも大事にしてください。
預かりとしてお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
Posted by いち号に号いち号に号 at 2013年02月13日 19:15
たくさんのお気遣いメッセージありがとうございます。今日無事に四十九日を終えることができました。まだまだ気持ちの整理はつきませんがみなさま本当にありがとうございました
Posted by マロまま☆ at 2013年02月13日 13:57
blacksally さま

コメントありがとうございます。
本当にたくさんの病気があります。
出来ればお目にかかりたくないものですが、
こればっかりは仕方がない。
家族として一生懸命関わっていくしかないですよね。
Posted by いち号に号いち号に号 at 2013年02月08日 21:43
まろくん

虹の橋を
渡ってあちらの世界で
また
地上のみなを
見守ってくださいね

FIP・・・
人間も猫も
星の数ほどある病に
立ち向かうのは
本当に
難しいことですが、

懸命に
ケアしていたK様の気持ち
きっと
まろくんに
届いていますよ
Posted by blacksallyblacksally at 2013年02月08日 09:53
通りすがり さま
ぺっち さま
ごえちゃん さま
つちねこ さま

皆様、コメントまことにありがとうございます。
皆様の優しいお言葉はきっとまろくんに届いているはずです。
本日、火葬され納骨を済ませられたそうです。
お仕事のお忙しい中、本当に精一杯まろくんを見守り、
最期を看取ってくださったK様に敬意を表します。

私たちもこれからたくさんの命を見送ることになると思いますが、
まろくんとK様のように出来るかというと、かなり難しいことと思っております。
でも、ペットではなく家族として自分が出来ることをすれば、相手にも
伝わるし、何らかの暖かいものが残るのではないでしょうか。

セカンドオピニオンで受診した病院で、FIPなどに効果があるサプリメントを
処方され、一旦は食べる意欲を見せたとご報告がありました。
今後、このサプリメントがなんらかの効果を見せ治療方法が確立することを
願うばかりです。

ありがとうございました。
Posted by いち号に号いち号に号 at 2013年02月07日 18:23
ピカチュウしっぽのまろくん、あまりに早く行ってしまったのですね。
とても残念で寂しいです。
でもももへーさん、里親さんに愛されて大事にしてもらって幸せでしたね。
FIP、ワクチンや治療法が早くできると良いのにと思います。
Posted by つちねこ at 2013年02月07日 15:28
まろくん 安らかに

短かったけど、きっと長さじゃないね

たくさんの愛情をもらって幸せな猫生だったと思いたいですね

今度は元気に生まれ変わって大好きなkさんのもとへ

戻ってきてくださいね

それまでは江原啓之さんの言われる「動物の天国」で

元気に走り回ってほしいなと思います。

いつか別れはくると分かってはいても悲しいですね

ご冥福をお祈りいたします。
Posted by ごえちゃんごえちゃん at 2013年02月07日 06:45
短すぎた尊い一生。でも、こんなにぎゅっと愛された幸せな猫生。きっと今度はもっともっと長く愛されるニャンコになって現れてくれるはず。

それまでは、まろくん、頑張った分ゆっくり休んでね。

Kさん、愛息子の治療に看病お疲れさまでした。まろくんのご冥福をお祈りします。
Posted by ぺっち at 2013年02月07日 03:49
まろくんのご逝去を悼み、謹んで哀悼の意を表します。
Posted by 通りすがり at 2013年02月07日 00:23
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
まろくん安らかに
    コメント(9)