2012年08月30日

苦渋の決断

私達は数年前から猫の預かりボランティアを行っています。
どこの猫でも預かれるようにと保護団体には席を置いていませんが、
特定の方からお預かりすることが多く、必然的にひとつの団体さんと
一緒に活動を行うようになりました。

只ならぬ情熱と信念を持って活動されている様を、数年に渡って見て参りましたが、
数日前にそのスタッフさんからメールが届きました。
「もう、レスキューはできない」と。

スタッフYさんは、アニマルボンドの中心メンバーで、他のスタッフさんと共に
それはそれは一生懸命犬猫のレスキュー活動を行って来られました。

その一生懸命さは、時には頼りになり、時には面倒臭く(笑)なるほどで、
別のスタッフさんとの衝突もあるほど、檻の中の彼らのことを考えていたように見受けられました。

相当な覚悟を持って出した結論です。
本当に苦渋の決断だったと思います。
文面からも悔しさが滲みでてきます。

こんな苦しい決断をさせた問題は・・「資金難」です。

子猫を病院に連れて行けば、1回で数千円の医療費がかかります。
Yさんは活動に於いて、私達が驚くくらいの金額を負担されていました。
保護活動、ボランティア活動を行っていれば、私財を投じることもあるとは
思いますが、それでは自分が潰れてしまいます。
活動自体を止めなければならなくなります。

苦しい決断の中、初心に戻り活動を行うとのコメントが書かれていました。

何年も行っている保護活動。
数年前からまったく変わらない状況。
具体的な頭数は把握していませんが、なんだか毎年増えているような気さえしてきます。
ボランティアだけでは、もう限界なのかもしれません。

NHKのニュースをご覧になりましたか?
箱物の建築以外に、何か出来ることはないのでしょうか。
小さないのちを救う方法はないのでしょうか。

私達は今預かっている猫達の新しい家族を見つけるまで、
何とか活動を行っていこうと考えています。
これからもどうぞよろしくお願い致します。



Posted by いち号に号 at 21:19│Comments(6)
この記事へのコメント
ももへーさん、アニボンスタッフさん
<ここで返信しちゃってすみません。。。笑>
沢山の寄付された方々の内の一人なのに覚えていらっしゃるなんてありがたい限りです。。。
しかも、新富ってピンポイントで当たっているのにびっくりです。。。笑

また、何かの形で応援できたら嬉しいです。。。^^
ココちゃんと共に応援しています。。。

ココちゃんの風貌は、来客人には『うわっ。。こぇぇぇ』と、言われながらも
おかまいなしのゴロゴロスリスリで愛されています。。。
白黒猫は大好きです。。
ネガポジも、もじゃおくんも気になっていたにゃん子達です。。。^^

会話になっちゃいますのでここで
閉じますね。。。笑

また、コメントさせて下さいね。。。

とじとじ
Posted by ・:*:・ami・:*:・ at 2012年09月03日 15:02
amiさま
こちらから失礼致します

間違っていたら
すいません
新冨の譲渡会に来られた時ですよね?
あの時は余りの高額だったので
関係者皆ビックリしてしまい
ろくにお礼も言えずに申し訳ありませんでした。
レスキューの危機で
ご心配おかけして
すいません
金銭面では厳しいですが
これからも出来ることを頑張って行きたいと思います。
ありがとうございました
Posted by アニボンスタッフ at 2012年09月02日 20:12
いえいえとんでもありません!
本当にご意見、ありがとうございました。

そして・・・分かりました!分かりましたよ!!
み~んな覚えてました。
その節は高額な寄付金と、たくさんのタオルなど
本当にありがとうございました。
ココちゃんは我が家としてはナイスな風貌なんですけどねえ~。
どうしても三毛とか茶トラとかに人気が集中してしまいます。
そんなココちゃんを優しく迎えてくださり、感謝しております。

猫カフェの経営、楽しみにしています。
宮崎ではまだまだ認知度が低く、ことあるごとに猫好きには
宣伝しているのですが、もっと定着するといいのになあと思います。

コメントくださり、ありがとうございました。
またお越しください♪
Posted by いち号に号いち号に号 at 2012年09月02日 19:30
あまりに頼りにならない意見でごめんなさいね。。。汗
私も捨て猫などの惨状を知る者<捨て猫している方を警察に突き出した経験もあり>として蔭ながら応援できればと、コメントも控えていたのですがももへーさんのこの記事を見て辛くなってつい書き込みしてしまいました。。。
寄付の時にさんざん名前を聞かれて名無しでとお願いした割には書き込みをしておバカだなぁ。。とは思っていますが。。。ついつい。。。笑


ココちゃんの風貌確かにやくざみたいなインパクトでなかなか引き取り手がいなくて、困っていたみたいで。。。
子猫ではなかったのですがココちゃんの優しい性格に惹かれて今では大切な家族ですわ。。。^^

ちいさなブログでも沢山の方が応援していると思います。
頑張って存続できるといいですね。。。

私も仕事を辞めたら、猫カフェでも経営しながら里親探せたらいいな~とも、思っています。。。(あくまで希望。。。笑)
Posted by ・:*:・ami・:*:・ at 2012年09月02日 14:39
・:*:・ami・:*:・ さま

こんばんわ
ご意見、ありがたく拝読いたしました。
譲渡会にお越しいただき、寄付まで下さったそうで、
本当にありがとうございます。
空の会から子猫を2匹も引き取って頂いたんですね!
ココちゃんはうちで預かっていたら、絶対忘れない風貌ですね。
白黒猫は大好きなんです。
特にココちゃんのような子(笑)
ありがとうございました。

私達はアニボンさんにとても近い位置で活動を見て来ましたが、
どうしてこんなにがむしゃらに活動ができるのだろうと思っていました。
多分それは、犬や猫の惨状をフィルターを通さずに見ているからだと
思います。
預かりボランティアは会から依頼された子を飼育して、譲渡会に参加させる
だけなのではっきり言って「いいとこ取り」なんですよね。
医療費も会からいただいています。
さすがに最近は私達も一部負担させていただいておりました・・。

おっしゃるとおり、ブログなどでの呼びかけには限界があると思います。
有名人や影響力のあるブロガーでもない限り、到底無理な状況ですよね。
私もNHKのニュースを見て、箱物が作れないなら医療費だけでも何とかならないのかとテレビの前で呟いておりました。
「いいとこ取り」の私達でさえ、そう思うのですから、直接関わっている方々は
もっともっと切望しているだろうと思います。

今の状況では他の団体さんも苦渋の選択をしないといけなくなるかもしれませんよね・・・。

県内で活動している保護団体が結託して、行政に働きかければ少しは
光が見えてくるのかもしれませんが、相当なマンパワーが必要だと思います。
色んな考え方があり多少の摩擦はあるでしょうが、最終目標は皆さん一緒のはずなので。
私達もその末端でお手伝いできればと考えています。

・:*:・ami・:*:・さんから頂いたご意見はアニボンスタッフさんにも伝えたいと思います。
本当にありがとうございました。
またイラスト描きますんで、どうぞお越しください。
Posted by いち号に号いち号に号 at 2012年08月31日 20:48
こんにちは。。。はじめまして

ももへーさんのイラストが見たくて時々ブログを拝見しておりました。


今年の初めにアニボンの活動を見に行って名前は名乗らずほんの少し寄付したものです。
覚えていないとは思いますが。。。苦笑
今日当方の記事にアニボンさん<当時空の会>に譲渡していただいたにゃん子達をアップしてみました。

ココちゃんは我が家のアメショと共に元気に走り回っております。
ルナちゃんは2年ほど一緒に暮らしましたが、病気で虹の橋を渡ってしまい申し訳ないです。


今回資金源の事で心を痛めていらっしゃる記事を見てこちらまで心が痛くなりました。
とは、言っても前回寄付した金額は私に出来うる限界いっぱいいっぱいの気持ちだったので追加としては無理なのですが。。。すみません。。


当方はやったことはないのですが、行政を巻き込んではいかがでしょうか?

猫の避妊手術や、病院費用等ボランティアでやっている方に対しては補助がきくようにする運動をするとか
他県ではありますよね。。猫の避妊手術は、野良猫だったら安くする行政とか。。
http://joseikin4catsdogs.web.fc2.com/
やり方については詳しくはないのですが、議員に直談判とかも効果あるような気がします。
直談判で話を聞いてもらえるのならばそういうボランティア団体にお金を出して欲しいと要望するとか
個人の寄付だけではたぶんこれから先もボランティアしている方々が苦しむ結果となりそうで見ていてつらいですものね。

江平交差点で毎朝活動している某議員さん等にちょっと声かけてみてはいかがでしょうかね。。。^^;

更に、新聞社<マスコミ>業者なども巻き込んで活動をアピールしたらいいと思いますよ。
みやちゃん、アメーバ等のブログだけでは金額の多さから限界のような気がします。。。

頼りにならないお声掛けで申し訳ない。。。汗
Posted by ・:*:・ami・:*:・ at 2012年08月31日 13:30
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
苦渋の決断
    コメント(6)