2012年05月02日

としこさん

 としこさんを預かったとき
 尿の量が多いなとは思っていました。

 目やにも多いし、咳もたまにしてました。

 人に触られるのが嫌なとしこさんを
 無理矢理捕まえて、病院に連れて行くのは
 相当の覚悟がいりましたが、昨年血尿が出たときは
 前日からイメージトレーニングを繰り返し、決死の覚悟で
 捕獲しました(笑)。

 検査の結果・・やはり腎不全でした。

 ああ、やっぱり
 
 吸着剤を2週間位は飲ませましたが、すぐ近づかなくなり、
 もう薬は飲まないし、ましてや注射も出来ない。
 先生と相談し出した結論は、今まで通り好きにさせることでした。

 元気にしていましたが、先月になりご飯を食べなくなり、
 入院となりました。
 さすがに具合が悪いとなんとか捕まるものです。 

 点滴をしましたが、尿素窒素・クレアチニン・カリウムの数値はまったく
 良くならず、先生と相談して後は家で静かに見守ることにしました。

 

 退院してからもう2週間になりますが、サーモンを最後に水以外は
 受け付けなくなりました。
 でも、不思議なことに入院していた時よりも顔がしっかりしていて、
 呼べば返事をしたりします。

 確実に悪くなっているはずなんですが、穏やかな様子です。
 家族と相談して透析や点滴など延命はしないと決め、
 今はそっと見守るだけにしています。

 

 触られるのが嫌いなとしこさんなので、普通の飼い猫を看病するようにはいかず、
 周りから見れば冷たいと思われるかもしれませんが、これがとしこさんには
 最良だと信じています。
 無理にたべさせてないので、嘔吐などはなく体力の消耗が少ないのか
 毎日ゆったりと過ごしています。
 
 末期の腎不全の猫ブログなどをたくさん読みましたが、やはり最後は猫の
 したいようにさせている方が多いようです。

 でも、食べなくてもしっかりしてますよ。
 この調子なら、もうしばらく私達のそばにいてくれるかもしれません。
 とにかく、苦しまず旅立ってくれることを願うばかりです。

 皆様に気にかけていただいて、本当にありがとうございます。
 としこさんに代わりお礼を申し上げます。
 




 
 
 
 
 



Posted by いち号に号 at 22:06│Comments(13)
この記事へのコメント
ぺっち さま

ありがとうございます。
でもですね、もう見ているのがかわいそうに
なってきました。
でも、触っても怒らなくなりました。
もう怒る気力もなくなっているのかもしれません。
穏やかな顔はしてますよ。
Posted by いち号に号いち号に号 at 2012年05月05日 16:50
としこさん。
もちょっと、もちょーーーーっとのんびり
のんちゃんやももへーさん達の元で過ごしてね。

そして、気が向いたらご飯食べてみて。
気が向いたら人間の手に甘えてみてね。
Posted by ぺっち at 2012年05月04日 23:51
ひだまり さま

コメント、まことにありがとうございます。
皆さんにコメントを頂いて、とてもありがたいです。
今日は保護主さんもお見舞いに来てくれて、
ちょっと触って、シャー!と怒られたみたいです(笑)
もうしばらくはのんちゃんのそばに居てくれるような
気がします。
私達が話しかけると凄く迷惑そうな顔をするんですよ。
まあ、としこさんは、いつもそういう顔してるんですけどね(笑)
たまには甘えてくれないかなあと思ってしまいます。

私達も残りの時間を、怒られないように静かに過ごしたいと思います。
ありがとうございました。
Posted by いち号に号いち号に号 at 2012年05月04日 23:12
同じようににゃんことくらしている身として、
お気持ちお察しします。
しゃべってくれない分余計に辛いですよね…
としこさんは本当に幸せだなと思います。
いつかお別れはくるものです。
一緒にいる時間は限られていますが、その時間を大切に
過ごそうと思います。
Posted by ひだまりひだまり at 2012年05月04日 22:25
ありがとうございます。
お忙しいのに心強いコメント、本当にありがとうございます。

極小の子が来てるんですね。
乳飲み子はあまりにもデリケートで・・・。
やっぱ、きらりんさんですね!
・・・なんとか生きて欲しいですね。
としこさんの分まで生きて欲しいです。

譲渡会で会えるのを楽しみにしています。
Posted by いち号に号いち号に号 at 2012年05月04日 19:21
連投すみません。

だんだん小さくなってゆく姿、
辛いですよね・・。
仰られる通り、餓死を待っているみたいで・・

どこにも気持ちの持っていきようがないです。

先生の話ばっかりで恐縮ですが、
「どんなに体重が減ったとしても、
それは本来の体重です。
その姿で旅立つのは、とても自然だと思います」と
言われました。

うちは、昨夜から超仔猫が来ているのですが
へその緒つき90gで、体温が下がり、
ミルクの飲みも悪く、
苦戦しています。

もしかしたら、今夜にも旅立つかもしれません。

お互いに、辛い現実が目の前にありますが、
誇り高く最期を迎えようとしている子達に、
精一杯の事をしましょうね。
Posted by きらりん母ちゃん at 2012年05月04日 15:23
きらりん母ちゃん さま

その言葉に救われました。

正直、何も食べさせずにだんだん小さくなっていく姿を
見ていると、本当にこれでいいのか不安になってきていました。
頭では分かっているのですが・・
「これじゃあまるで、餓死を待っているようじゃないか」
という気持ちが重く重く頭をもたげて来るのです。

ロウソクのように・・・で随分気が楽になりました。
ありがとうございました。
Posted by いち号に号いち号に号 at 2012年05月03日 21:51
いち号に号さん 看病おつかれ様です。

月並みな言葉かもしれないけど、
外での過酷な生き方より、ももへーさんちで
暖かく、涼しく、楽しく過ごせた事が
絶対、良いと思います。

私も腎不全のコを見送った経験がありますが、
嫌がる口に、注射器でAD缶を入れ
苦しがる様子が今でも思い出されます。

もう食べさせなくても良いと決め、
延命をやめた途端に、表情が穏やかになりました。

先生が言うに、腎不全の子って、
ロウソクが先細りになっていき、
ふーっと火が消えるような最期なので、
苦しず、ある意味幸せなんですって・・

うまくいえないけど、その時がきたら
深い眠りに落ちるように
夢を見始めて欲しいと思います。

でも今は、もう少しだけいてほしいです。

つまらない書き込み、すみません。
Posted by きらりん母ちゃん at 2012年05月03日 19:08
ちー さま

いつもコメントをありがとうございます。
のんちゃんはとしこさんの横に置いてある
小さなやぐらこたつにいつも入ってます。
中から姿が見えるようにはしていますが、
親子でどんな話をしているのやら・・。
最後まで一緒にいられればいいかなと
思ってます。
親子にとって、我が家が心穏やかに過ごせる
住処だったかは疑問なんですが、野良生活よりかは
安心できたんじゃないですかね(笑)
Posted by いち号に号 at 2012年05月03日 15:55
としこさん、自分のお布団で、のんびりしているのですね

親子で暮らせる時間を、ゆっくり過ごしてほしい

そばで見守っていく決断のほうが、どんなにお辛いかと思います

としこさん、ちょっとでも長く、のんちゃんといられますように
Posted by ちー at 2012年05月03日 00:23
ごえちゃん さま

いつもとしこさんを気にかけてくださり、ありがとうございます。
としこさんには何故かコアなファン(笑)がいらして、
いつも欠かさずコメントを頂いて、とても心強く思っています。

今更ながら後悔するのは、としこさんに人の手の暖かさを
伝えられなかったことです。
今は弱っているのか慣れてきたのか、威嚇することはしなくなりましたが、
やはりビクッとするのが、気の毒で・・・
これを克服したいなあと思っています。
短い時間をゆっくりと過ごしてくれればいいな。
本当にありがとうございました。

モリオカダヤン さま

こんばんわ。
ブログ、いつも寄らせてもらっています。
ダヤンとリランの幸せそうな姿を見て、あの時頑張って目薬を
さしてよかったなあと思ってます。

「プロ」だなんて、とんでもないですよ!
いつもおっかなびっくりで手探りでお世話してます。
としこさんもきっとイライラしてるはずです(笑)
顔が怒ってるでしょ?

怒らずに静かに過ごしてくれればいいなと思っています。
最後はのんちゃんが見守っていてくれればいいか。
コメントをいただき、本当にありがとうございました。
Posted by いち号に号いち号に号 at 2012年05月02日 23:36
としこさん、とってもびっくりしました。

のんちゃんと仲良くいつも写っているとしこさん。

ダヤンとリランを譲って頂いた時に、ウチの子供たちの中で
ブームになった「メゾンとしこ」のとしこさん。

「としこさんって本当にぴったりな名前だな~」

と思ったのを覚えています。

私は、ももへーさんたちは猫の気持ちを本当によく分かっていらっしゃる「プロ」だと思っています。
リランの時も本当に良くして頂きました。
彼女が今も両目ともキチンと見えて、元気に過ごしていられるのも
ももへさんたちのおかげだと思っています。
だから、としこさんがしたいようにさせてあげてるのは、私も一番良い方法なのだと思います。

怖い病院より、ももへ―さんご家族や外の猫ちゃんたちと大好きなお家で過ごせてきっと安心していると思います。

苦しまず、安らかに過ごせる事をお祈り致します。
頑張って下さいね。
Posted by モリオカダヤン。 at 2012年05月02日 22:56
私の実家の猫も(私が拾った)「もうだめです」と言われて
8ヶ月生きてくれました。

よかったり、悪かったりの繰り返し
ご飯もまったく食べないときもありました。

痛い治療をするよりはと延命処置もしないと決め最期まで
穏やかにすごすことができました。

猫は体調が悪いときはおとなしくして体力を回復させようと
しますよね。病気は仕方がないですが、少し食べれるように
なってくれるといいですね

暖かいお家で怖い思いをすることなく穏やかに暮らせること
きっととしこさんもわかってくれているはず
野良猫のままだったらきっとここまでは生きていなかったかも
しれません。

冷たいとはおもいませんよ、みんなわかっています。
としこさんがしたいようにさせてあげるのが一番大切

いち号に号さん本当にありがとう。

としこさんファンとして。。お会いしたこともないのに失礼ですが

温かいやさしさをきっと感じてくれていると思いますよ

なにもできませんが。。少しでもとしこさんがラクでいれるよう
願っています。
Posted by ごえちゃんごえちゃん at 2012年05月02日 22:27
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
としこさん
    コメント(13)