2010年03月22日

神戸・京都

 いち号の「生きてる間に行ってみたい美術館・国内編」で
 堂々の第一位は・・・・
 神戸の「小磯良平美術館」
 凄いデッサン力で素晴らしい作品を残した画家です。

  
 ちょうど兵庫県立美術館で「小倉遊亀展」が開催されて
 いましたので、おもいきって行く事にしました。



 
 
 人生も仕事も大先輩のYさんと京都まで足を延ばすことに。
 いや~歩いた歩いた!
 3日間歩きまくりました。
 もうぐったり・・・(笑)
  
 1日目は神戸の美術館
 寒くてぶるぶるだったのに
 2日目の暑さ!
 宇治に行きましたが、旅行者の多くは
 ダウンを片手に汗をだらだら。

 ここは晴明神社


 それなのに3日目の強風と黄色い雨!
 東寺、西本願寺、東本願寺と寺三昧。

 
 こんなに気温の差がある3日間になるなんて、
 びっくりでした。

 食事は思ったよりも濃い味付けで毎日水をがぶがぶ飲んでいて、
 一番美味しかったのが、伊丹空港で食べたカツ丼(笑)
 せっかく京都に来て、なんでカツ丼なのよ



 
 宇治の平等院そばのお店にいた看板猫。
 人懐っこい子で、お店をアピール。
 仕事熱心な宇治猫。
 

 趣味の世界にどっぷり浸かった楽しい3日間。
 満足満足
 それにしても疲れた・・・
 足が筋肉痛です。
  
 おみやげは「きやすのみたらし団子」
 これ、最高です。
 
 
 



Posted by いち号に号 at 16:51│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
神戸・京都
    コメント(0)