2009年09月20日

米良俊男作品展

高鍋町美術館で開催中の「米良俊男作品展」に行ってきました。
米良さんは門川町のご出身です。



鑑賞した感想は、イメージとしては静寂と沈黙。
言葉を発しても、吸い込まれてしまうような空間・・とでも申しましょうか。
技法としてハッチングが使われていますが、
さながら触手か繊毛のようで、抽象的ですがいきもののようにも見えます。
球状の物体は繭のようで、「誕生」という言葉が浮かんできました。

たくさんの球体が尾を引いて画面上を浮遊しており、
その白い形跡が青い背景をより際立たせています。

職員さんのブログのように、お気に入りの作品を指差す写真は
撮影できませんが、個人的に大変気に入ったのは
「風渡り」
色もタイトルも大きさもぐ~っ!
これはいい!
・・・持って帰りたい。
絵はがきがあれば、即買いですね。

あ、そう言えば美術館のK森さんと同じですね。

詳しくは「1年限定美術館日記」で。
綺麗な写真で紹介されています。

もう一つは「交感」100S。
同じタイトルのものがありますので・・・
会場に入って左を向いたら、俯瞰したような構図の作品があります。
他の作品と比べると、色数も少なく地味な感じですが、
丸い空間は、宇宙船のコクピットの床にあるスクリーンのようで、
淡い光を発して青い地球の一部を映し出しているように見えました。
青い空間を胎児が見下ろしているような・・・
なんとも神秘的な作品です。

大変美しい作品群です。

是非ご覧いただきたいです。







Posted by いち号に号 at 12:00│Comments(2)
この記事へのコメント
かおやん さま

おはようございます。
いやいや、私なんぞはまだまだです。
風景画や人物画と違い、このような作品は
鑑賞しながらイメージを構築していくので、
本当に人それぞれの印象になりますよね。
自分の中にある言葉やイメージを総動員して
頭の中はぐるぐる状態になるので、活性化して
いいと思うんですよ。
とても面白かったです。
ありがとうございました。
Posted by いち号に号 at 2009年09月21日 09:52
ご来館ありがとうございました。
いち号に号さん、素晴らしい表現力をお持ちですね☆
私の代わりに、美術館日記を書いていただきたいくらいです(#^-^#)
Posted by かおやん at 2009年09月20日 22:03
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
米良俊男作品展
    コメント(2)