スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2012年04月26日

高鍋美術館に行きました。

 久しぶりに美術館に行きました。

 「第6回KIWA京都国際木版画協会 巡回展」です。

 

  木版画と言えば日本では繊細な「浮世絵」、大胆な「棟方志功」が有名ですが、
 後は美術の時間に必ずやる木版画の自画像ですかね(苦手~)

 

 文字通り木版を削って製作する訳ですが、今回の巡回展には
 多種多様な木版画が展示されています。
 一体どうやって刷ってるのか、凄い色の数です。

 世界中の作家さんの作品があって、デザイン的な作品が多く
 とても面白かったですよ。

 紙も、専用のものから薄~いぺらぺらのもの、手すきっぽいごわごわしたもの
 など個性豊かです。

 版を重ねるときの微妙な色のずれとか、木版画特有のいい感じにくすんだ色とか、
 なんかいいんですよね。
 
 展示方法も面白くて、DIYセンターに売ってあるプラスチックダンボールに
 ピンかなにかでとめてありました。
 いや~参考になるなあ
 これなら安価で出来ますもんね(笑)

 私の今回のお気に入りは「黒いアルマジロ」(真ん中)
 メキシコの作家さんです。
 これはわかりやすい木版画ですが、他のも木版画なんですよ!

 

 図録も多分木版画で、デザイン性に富んだおしゃれなものです。
 (これはカバーです) 

 

  なんと!シリアルナンバー付きです!
  印刷じゃないですよ(笑)

 

 今日は平日という事もあり、貸切状態で鑑賞を楽しむことができました。
 
 5月6日(日)まで開催されていますので、是非この機会にご覧下さい。
 年賀状の参考になるかも・・・(笑)

  


Posted by いち号に号 at 20:44Comments(2)