スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2009年11月26日

本読みの独り言⑥

またまたネコ本(笑)

うちには現在6匹の猫がいるが、結構色々見えてきた。
しつけ本やマニュアルとしてではなく、楽しい読み物として読んだ。
「ほ~っ」「へ~っ」と猫との付き合いかたが分かりやすく書かれている。



「知ってるつもりのネコの気持ち」
もんま さなえ著
PHP研究所
注:クリックしても中は見れません。

「ネコほど個体差のある動物はいない。
なかなか本の通りにはいかない。
肝心なのは、そのネコの考えていることや性格を
把握して、そのネコの先を行くこと。」

ようするに人に接するように個別に対応を変えることが
肝要と言うことですかね?

もんまさんは猫に必ず声をかけるそうだ。
特に地味な大人しい子には、出向いて声をかけているそうだ。
時間がかかるかもしれないが、少しずつ心を開いてくれる。
これは、私も経験済みだ。

昨年11月から我が家で生活しているミニョン。
彼女は保護される前、一体どんな生活を送っていたのか。
まったく人に馴れず、一生このままかと思っていた。

うちの家族はとにかく動物に話しかける。
他人が見れば「バカじゃないか?」と思われる位、普通に挨拶する。
もんまさんのように毎日話しかけ、甘えてくるときには
飽きるまで相手をしていたら、最近すぐ横で眠るようになった。
でも、まだ頭を撫でるのと抱っこは無理・・。




「猫は生後4ヶ月位で自我が目覚める。
その頃は結構大変で、猫をよく知らない人は
戸惑うことが多い。
しかし、猫の本当の面白さはそこから始まる。」

人間とのかかわりが、個として形成される過程で
かなりの影響を及ぼすことはなんとなく分かる。

ネコを飼うときにいちばん気をつけたいのは
「ネコを自分の思い通りにしないこと」
「ネコの心を自由にしてあげる」
しかし
「ネコのやりたい放題にやらせるということではない」
だそうで。
・・うちではやりたい放題だが・・(苦笑)
まあ、楽しく安心に暮らせればいいかと。

みなさん、バカみたいに動物に話しかけてみましょ~。
バベルの塔ではないから、そのうち通じるようになるかも。


  


Posted by いち号に号 at 22:43Comments(0)